コズムチェア グレイシア ハイバック/リーフアーム/シートサスペンション:グレイシア

商品番号 FLC362YFJDB3DB3DB3O2B84505
販売価格 ¥ 212,300 税込
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。
■背もたれの高さ:ハイバック■チルト:アジアチルト■フレーム&ベース&アーム:グレイシア/リーフアーム
コズムに座ってみてください。チェアに座っているということを忘れてしまうかもしれません。人間工学に基づいた洗練されたデザインが、身体、動き、姿勢に瞬時に反応して、自然にバランスを取り、座る人を完全にサポートします。
 正規販売代理店
代表 片上太朗: Herman MIller OFFICIAL SHOPのマネージャーを務めたSpecialist Herman Miller ergokiosk Manager(2009-2013)
Cosm Chairs
座った瞬間から感じる快適性
重力を忘れる座り心地
コズムの自動ハーモニックチルト、インターセプトサスペンション、そして柔軟なフレームワークが共に作用し、無重力感を提供します
あらゆる人のためのチェア
あなたの前に誰か違う人が座っていたとしても、あなたが長時間座っても、座りながら何をしていても、コズムはあらゆる働く場所において、瞬時に快適さをお届けします。
cosm01
自動ハーモニックチルト
チルトが座る人の身体と姿勢に合わせて、瞬時かつ自動的にバランス良くサポートするため、身体を自由に動かすことができます。
*調節は必要ありません
cosm01
インターセプトサスペンション
通気性があり、一定の温度を保つ、エラストマーサスペンションは、座面と背もたれとの間の隙間を取り去った継ぎ目のない形状で、ダイナミックに背骨をサポートして、座る人の身体にフィットします。
*シームレスなサポートを実現
cosm01
柔軟なフレーム
薄いのに強度のあるフレームは、まるで存在しないかのような感覚で柔軟にサポートしてくれるため、上半身を快適に動かすことができます。
*快適に動きます
cosm760
cosm760

 ベルリンを拠点とするStudio 7.5のデザイナー、カローラ・ツヴィック、ローランド・ツヴィック、バークハード・シュミッツにとって、ハーマンミラーのためにデザインした最新チェアは、探し求めたゴールとも言えるものです。それは、瞬時に個人に合った快適性を提供するという、全く新しい基準を生み出したデザインです。特にCosmの新しい自動ハーモニックチルトは、何年もの間彼らが追い求め続けてきた目標でした。デザイナー達は、ミラ、セトゥー、ミラ2チェアなどの既に発表した製品を考案中に既に、理想的なチェアは、自然なバランスを保つスムーズな感覚を提供するべきだと認識していました。

「できるだけ容易に姿勢を変化可能なチェアに座るべきです」とローランドは言います。「それは正しく調整してくれるチェアでのみ実現可能です。なので、私達はそれを実現するチェアを作りたいと思っていました」

 チェアにとってのチルトは、車にとってのトランスミッションのようなものです。そしてトランスミッションのように手動のものもあれば、Cosmのように自動のものもあります。自動調整モデルのほかのチェアは、チルトの動きに身体を合わせることで、座り方を決定します。Cosmの自動ハーモニックチルトは、どのような姿勢かに関係なく、まず座っている人を優先して対応し、バランスの取れたリクライニングと個人に合った快適性を提供します。Studio 7.5とハーマンミラーは、複雑に微調整されたメカニズムを発明して、自動調整チルトを完成させました。座っている人の絶えず変化する垂直方向の力を判断して、チルトのギアは、リーフスプリングに沿って支点を移動し、チェアの張力を自動調整します。

 チルトのみが、Cosmを最も精製したデザインにしているのではありません。手製と3Dプリントで作られた部品の何百もの試作品を作成するという細かいプロセスが、今までにないシーティング体験への道を開いたのです。

「最大の難題の一つは、または最大のチャンスの一つと言えるのは、サスペンションを、フレームに出来るだけシームレスに調和させて取り付ける方法を考えることでした」とバークハードは言います。

 その答えは、小型の「歯」の形状でした。これにより、体圧を均等に分散するために張力を保ちながら、サスペンションをチェアのフレームに留めることができました。Studio 7.5がサスペンションをフレームに取り付けたこの巧妙な方法は、彼らが呼ぶところの「インダストリアル・クラフトマンシップ」の最高の例と言えるでしょう。そしてそれがデザインプロセスを導く光となったのです。

「機械工やエンジニアでなくても、座った時にどのようにサポートされるのかを理解できる、分かりやすいデザインが私達は好きなのです」とカローラは言います。

 Cosmチェアの人間工学に基づいたデザインは、今までに類を見ないリーフアームによりさらに強化されています。このデザインは、最初に不格好なフォーム材で木材を包み込んだことから始まりました。そして時が経つにつれて、形状、サイズ、そしてニックネームが変化していきました。オートバイのシート、腕に合わせた半分の筒、ダンボの耳という風にです。「肘は骨格において繊細な部分です。柔らかく安定した場所に置かれるべきです」とバークハードが説明します。

「Cosmのリーフアームは、すぐれた快適性と共にシンプルかつスリムな魅力的な外観を提供しており、このチェアの意図する全体の機能性と美にぴったりとマッチしています」

 現代の働き方を認識して、Studio 7.5は、様々な用途に対して快適さを提供するアームをデザインしました。リーフアームでは、電話や本を快適に自然に持つことができ、またデバイスを使用している時にデスクにぶつからないようにアームに角度がついています。Cosmの開発時間の多くは、技術的、工学的難題に取り組むことに費やされましたが、Studio 7.5は、その美しい外観にも決して妥協しませんでした。スムーズなサスペンションに彫刻のような形状を持つCosmチェアは、パーツの集まりではなく、一つのオブジェのように見えます。この統一感は、その落ち着いた素材にも現れています。

「カラーに浸したような」コンセプトについて「モノクロのカラーは、物を非物質化にします」とバークハードは説明します。

 チェアはトップからボトムまで一つの色調で統一されています。「チェアは、多くの異なるメタルやプラスチックで作られていますが、最終的には、一つの物になるのです」ドイツ語でデザインは「entwerfen」ですが、大雑把には「投げる」という意味になります。カローラによれば「時代の少し先に何かを投げ込む、または自分の知っている物の先に投げ入れることで、正しい方向へと導かれる」そうです。「投げる」ことで、Studio 7.5とハーマンミラーは、Cosmという最も洗練されたデザインへと導かれました。

studio7.5

Studio7.5
バークハード・シュミッツとカローラ・ツヴィックは1992年にベルリンにて6人のチームでスタジオを始めました。「全員が何でもこなすのです」と、シュミッツがグループを代表して語ります。 現在はグループにカローラ・ツヴィックの兄弟ローランド・ツヴィックが加わり7人となっています。グループの名前「Studio 7.5」は、7.5トンのトラックを借りて、そのトラックにモデルショップを乗せ、1つのプロジェクトの現場から次の現場へ移動しようというアイデアから生まれました。彼らは、仕事に必要なツールとしての「エクイップメント」と彼らが呼ぶ、家具をデザインすることが好きです。特にオフィスチェアをデザインすることは、最もやりがいのあることだと感じており、ハーマンミラーと共に、受賞歴のあるセトゥー、ミラ、ミラ2、そして今回のCosmをデザインしました。「私たちは椅子の外観だけでなく、チルトの特徴までをも含む椅子の機能を定義します」とカローラは言います。セトゥー、ミラ、そしてCosmの機能は、どのように、どこで座っても、快適さを提供します。


Herman Miller 品質保証

製品名保証期間
アーロンチェア12年
エンボディチェア12年
ミラ2チェア12年
セイルチェア12年
セラチェア12年
セトューチェア12年
コズムチェア12年
イームズ オフィス製品12年
イームズ ホーム製品5年
ガス圧シリンダー(オフィスチェア各製品)2年

品質保証の条件ハーマンミラージャパンの正規販売代理店から直接購入された製品(新品)であり、かつ利用されているご購入者ご本人からのご要望であること。ハーマンミラーの指定製造工場において製造された製品であること。お客様で製品の分解や改造がされていないこと。製品の設置および使用方法が正しくおこなわれていること。中古品および個人売買、またはネットオークション等で購入された製品に品質保証は適用されません。ハーマンミラー品質保証請求詳細に関してはこちら